高校生鉄道ファン 気まぐれ日記

近畿地方の男子高校生が鉄道の旅を満喫する日記です。

観光特急青の交響曲(シンフォニー)

今日は、先週土曜日に営業運転を開始した特急青の交響曲を撮影しに行ってきた

 

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912201915j:image

 

青の交響曲の撮影スタート!

と呑気に言っている暇はない!

 

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912202020j:image

 

ダイヤの下調べをしていなかった為青の交響曲が2分後にせまっていたのだ!

 

急げーε=ε=ε=┌(๑ʘ∀ʘ)┘

 

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912202128j:image f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912202148j:image

 

ふぅー

なんとか間に合った

 

さてと、青の交響曲が出発したことだし追いかけよう!

 

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912202328j:image

贅沢をいうと、この電車(ラビットカー)が良かったのだが、鉄道に運がない私の元に都合良くラビットカーが来るわけもなく一般車両で追いかけることに。

追いかけると言っても特急列車なのでそれを追い越す電車など存在しない。

なので折り返し後、戻ってる来るのを待つという手法で活動した。

特急青の交響曲第2列車のあとの第3列車は

大阪阿部野橋駅を、発車直後を列車内から撮影した

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912203932j:image

腕に自信があるわけではないので撮れ高は見逃して欲しい。

 

そして私の乗る列車は、大阪阿部野橋駅に到着。

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912204113j:image

 

ここの駅売店で青の交響曲のグッズが売ってたが予算の都合で買えず…

 

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912204545j:image

予算に余裕がある人は是非買ってみるといい

 

今度は吉野へ!

 

橿原神宮西口駅手前までは寝てたので記憶がサッパリ?

 

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912204733j:image

 

ふと目を開けてこれが居たので慌ててシャッターを切った

 

そのあとは

 

ひたすら山の中へと突き進むといった感じである

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912204914j:image f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912204932j:image

 

 吉野川橋梁を渡り

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912212757j:image

 

吉野駅に到着!

 

おぉー

いるいる

青の交響曲

 

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912212837j:image

 

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912212905j:image

タイミングを見て側面も入るように撮る

本日の青の交響曲は全列車満席だった

 

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912213100j:image

 

貫通扉側のエンブレムを撮りたかったのだが

駅の構造上難しいので側面を

 

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912213204j:image

 

いってらっしゃーい

 

帰りは吉野口で少々時間があったので

接続のJR和歌山線を撮影。

実は、吉野口駅近鉄側から入るのは初めてだった

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912213416j:image f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912213509j:image

最近JR乗ってないなぁ←JRで北近畿の旅を終えてまだ1ヵ月も経っていない者のいうセリフかどうかはさておき

 

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912213720j:image

近鉄側でも喜ばしい並びが

てか、箱ジャマ

 

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912213843j:image

このあと

河内天美駅からの帰りにもう一度ラビットカーと出会った。

f:id:kansaitetudoutabi6015f:20160912213924j:image

何はともあれ無事帰還